トップイメージ

講演

発表準備

【概要】

・本シンポジウムでは全ての講演に対して、概要説明のための口頭発表 (2分)の後、ポスター発表(90分)に臨んで頂くという方式を取っております。

・口頭発表のスライドは、9月9日までに、ご自身のマイページからpdf形式のスライドファイルを送付頂く予定です。詳細は以下をご覧下さい。

・ポスターは、事務局では印刷いたしませんので、ご自身で持参下さい。


【口頭発表】

・使用できるスライドは最大3枚です。

powerpoint形式では無く、PDF形式に変換して提出して下さい。

・各スライドは1024x768ピクセル以上の解像度、横長(横:縦 = 4:3)にして下さい。 1枚目もしくは全てのスライドに、講演タイトルと著者名を明記して下さい。こちらのサンプルを参考にして下さい。

・スライドの言語は英語・日本語のどちらでも構いません。 ABEに論文投稿された方も同様です。

・発表の言語も、英語・日本語のどちらでも構いません。

・発表スライドは、PCとプロジェクタを使ってスクリーンに投影します。

・スライドの切り替え操作は、事務局が行います。発表者は、スライドのページ送りを口頭で指示して下さい。

・司会者は講演番号を読み上げます。

・発表時間は2分です。質疑応答はありません。時間が超過しないようにご準備ください。また、次講演との交代時間は10秒ほどです。速やかに交代できますようにご協力をお願いいたします。


【ポスター発表】

・ポスターパネルには、縦210cm×横90cm縦180cm×横120cmの2種類を予定しています。発表者がこれらのパネルを選択することはできません。どちらのパネルにも対応できるようにポスターを作成してください。

・講演番号(受付番号とは異なります)は事務局で準備します(パネル左上,名刺サイズ)。タイトル・著者・所属等は、それぞれのポスターにご記入下さい。

・倫理委員会の承認を受けた研究は、その旨と倫理委員会の設置機関を明記してください。倫理面への配慮については、日本生体医工学会「生体医工学」投稿規定にある「6.倫理面への配慮について」を参考にして下さい。この件に関して不明な点は、生体医工学シンポジウム2016事務局までお問い合わせください。

・利益相反の有無を明らかにしてください。利益相反の公開については、日本生体医工学会「生体医工学」投稿規定にある「7.利益相反の公開について」に準じてください。利益相反がある場合には、ポスターにその旨を明記した上で、ポスター発表で利益相反関係を開示できるようにしてください。ポスターに掲載することや、明記した書類を準備しておくことが考えられます。利益相反がない場合にも、ポスターにその旨を明記してください。この件に関して不明な点は、生体医工学シンポジウム2016事務局までお問い合わせください。

・ABEに論文投稿された方は、ポスターの記載言語は英語を推奨いたします。

・ポスターは、朝の準備時間にパネルに貼り、夕方の撤去時間にパネルから外して下さい。ポスターを掲示するのは、講演の発表がある日のみです。

・割り当てられたポスター発表の時間中は、ポスターの前で待機して下さい。ポスターアワードの審査やディープディスカッションはこの時間内で行います。

・撤去終了時刻を過ぎて残ったポスターは事務局で処分いたします。ご了承下さい。

・ポスター貼付用のピンは事務局で準備しております。